【広告】

函館の人へ!

函館に行く人へ!

若者が頑張っているので、

寄ってください。

函館市中島町26-16  ☎ 0138-83-7455

<<詳しくはこちら>>

 

もはや国民的人気ミニバンとなったトヨタヴォクシー。

ファミリーカーだけど男らしいカッコよさを兼ね備えているのが人気の秘訣です。

しかし気になるのは燃費です。

ミニバンタイプはあまり燃費が良くないというイメージがあると思います。

せっかくのファミリーカー、家族みんな乗せて楽しく旅行ができたはずなのに、思わぬ出費が積み重なるような後悔はしたくないですよね。

 

引用:https://toyota.jp/voxy/

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】燃費はリッター何km

ガソリン車の方が人気が高いようですが長距離を運転する方にはハイブリッド車が人気のようです。

そんなヴォクシーですがリアルな燃費はどれくらいでしょうか。ミニバンというと燃費が悪いのが普通です。燃費は維持費に関わる重要な部分……!ファミリーユースが多いヴォクシーですから燃費を気にされる方も多いと思います。

調べた結果意外な結果が明らかに……!

ガソリン(カタログ値14~16km/L)

街乗り 7~10km/L
流れの良い道路 12~14km/L
高速道路 14~15km/L
平均燃費 10~15km/L

ハイブリッド(カタログ値23.8km/L)

街乗り 11~12km/L
流れの良い道路 14~17km/L
高速道路 17~19km/L
平均燃費 12~18km/L

 

ガソリンエンジンの燃費は普通レベル

排気量が2000ccなことを考えると燃費は普通レベル。

特に良くも悪くもありません。と、いうか昔のミニバンに比べたらかなり燃費が良くなりましたね。

ただ、クルマとしての燃費は普通でもファミリーカーとして考えるとどうでしょうか……

正直街乗りで7~10km/Lは家計に厳しいかも…??街乗り中心で利用を考えている人には燃費が悪く感じられるはずです。

節約志向の方にはストレスな数値となりました。

一方、信号があまりない道路や長距離を中心に走る人の場合は15km/L近い燃費を出すことも可能!

長距離運転中心だと低燃費感がありますね。15km/L近いなら奥さんも購入にOKしてくれやすい数値だと思います。

 

ハイブリッドに極端な低燃費を期待してはいけない!

世間一般的に、ハイブリッド=かなり低燃費なイメージがあります。

アクアやプリウスのような燃費スペシャルが流行しているからですが、そのイメージをそのままヴォクシーにも当てはめるとイタイ目に遭います……。(一応プリウスと同じエンジンなのですが)

なんと平均燃費で12~18km/L……!この数値を見てファミリー層の方はどう思うでしょうか??

「ミニバンなのにかなり良い数値だ!さすがハイブリッド!」と思う人もいれば「ガソリンエンジンと全然変わらねーじゃん」と思う人もいるでしょう。

大体の人が後者の意見だと思いますが……

引用:https://toyota.jp/voxy/

 

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】実燃費は?燃費確認

使用環境によって違ってきますが、チョイ乗り・街乗りがメインだと12km/Lだという意見がありました。

街乗りやチョイ乗りメインだとハイブリッドによる低燃費の恩恵を全然感じれなようです。

エンジンが暖まる前にエンジンを切るような乗り方(チョイ乗り)はかなり非効率みたい……

とはいえ、高速道路や流れの良い道路では17km/Lとか19km/Lなど良い数値を記録。(良い数値とはいえプリウスやアクアと比較してはダメです)

高速道路や信号が少ない道路を中心に使う場合だったら、ヴォクシーハイブリッドに燃費を期待して購入しても良いかもしれませんね~。

街乗り中心だと「ハイブリッドなのに全然燃費良くないじゃん!」となってしまいます。(ヴォクシーハイブリッドは一般客よりも法人に売れているようですよ)

ちなみに暖房をガンガンに使う冬は燃費が落ちます。

エアコンを使わない季節の1割~2割は落ちると思っておきましょう。

引用:https://toyota.jp/voxy/

 

燃費で差額分を取り返すのはほぼムリ

ガソリンモデルとハイブリッドの差額分は約55万円(どのグレードでも)

ガソリンとハイブリッドの燃費差は約3~4km/Lなことを考えると、差額分を燃費で取り返すことはまず不可能でしょう。

100%不可能とは言えませんが、常に長距離で一定速巡航するような使い方をしなければ差額分を取り戻せないと思います。

ハイブリッドの良さは低燃費+加速の良さと理解しておくのが大事です。

ガソリンに比べて燃費が優れているのはもちろん、それに加えてモーター出力の滑らかさとパワー感が魅力。

モーターのほうが発進時にスムーズだし、いざアクセルをガツンと踏んだときのパワー感が全然違います。

これはハイブリッドならではのメリット。

つまりモーターを積むことでガソリンエンジンよりも上質な走りを実現しているということですね。

走りの良さ+低燃費なのがヴォクシーハイブリッドの実態です。

低燃費スペシャル=ヴォクシーハイブリッドと勘違いしてはいけません。

ハイブリッドによるワンランク上の走り+ガソリンよりも若干の低燃費ということを理解して、そこに価値を見いだせれば300万円するハイブリッドを買う価値はありますね!

 

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】燃費向上をするには

引用:https://toyota.jp/voxy/

コスパが良いのはガソリンモデルのほう。

ハイブリッドのほうが燃費が優れていますが、車体価格約55万円の差を燃費で埋めるほどではありません。

コスパ重視ならガソリンがオススメということになります。

とはいえ、ハイブリッドはガソリンエンジンでは得られない加速性能を秘めています。

発進時などの鈍い所をモーターがアシストしてくれるのでワンランク上の走りを体感できます。

それにアクセルをグッと踏んだときの加速力もハイブリッドならでは。

実はハイブリッド車は運転の仕方によって実燃費が信じられないほど大きく変動することがあるのです。

それが電気モーターの使い方です。

 

普通のガソリン車で燃費を意識して運転する場合、ほとんどの方がゆっくり加速することを念頭に置いて運転すると思います。

しかしハイブリッドの場合、これは逆効果になります。

ハイブリッドはアクセルを強く踏むことでバッテリーの充電が行われます。

そして速度が出たら、その速度をキープできる程度までアクセルから足を離すことで、エンジンが停止し、電気モーターのみで走行することができます。

このメリットを利用せず、常にエンジンを使用している状態がつづくと、実燃費は10km/L前後になることもあるのです。

これではせっかくのハイブリッドが、普通のガソリン車と変わらない燃費となってしまいますよね。

燃費以外にもヴォクシーハイブリッドの利点はハイブリッドシステムの性能を活かした装備や、免税などいろいろな面でのお得感も視野に入れて頂けると良いかも知れません。

 

<まとめ>

ガソリン車とハイブリッド車の車体価格の違いですよね。

その価格差は約55万円程とも言われており、一体何年で元を取れるのか不安になる声も多々あると思います。

  • 10年以上乗る覚悟があるならハイブリッド
  • 買い換える可能性があるならガソリン車

燃費のことのみを考えると、一見ハイブリッド車の方がお得かと思いましたが、ガソリン車との間に生じる車体価格の事を考えると、普段どのように車を利用しているかをディーラーさんと良く相談する事が大切です。

買ってからの運転にも気を付けることで、とても良い仕事をしてくれるでしょう。燃費で後悔だけはしないよう気を付けて、かっこいいヴォクシーで気持ちよくドライブを楽しみましょう。

 

<読まれている関連記事>

「トヨタ・ヴォクシーの記事30選」はコチラ

【広告】

函館の人へ!

函館に行く人へ!

若者が頑張っているので、

寄ってください。

函館市中島町26-16  ☎ 0138-83-7455

<<詳しくはこちら>>