【広告】

函館の人へ!

函館に行く人へ!

若者が頑張っているので、

寄ってください。

函館市中島町26-16  ☎ 0138-83-7455

<<詳しくはこちら>>

 

トヨタ・ヴォクシーは、ブランドのミドルクラスとしてラインナップされ、ノア、エスクァイアと基礎を共有した主力ミニバンとなっています。

トヨタがヴォクシーのフルモデルチェンジを計画しています。

フルモデルチェンジする新型ヴォクシーでは、プラットフォームやパワートレインを最新世代とすることで、使い勝手や燃費性能をアップします。

引用:https://toyota.jp/voxy/

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】フルモデルチェンジ情報

初代ヴォクシーは2001年11月16日にライトエースノアの後継車種として発売されました。

初代の発売日から5年7ヶ月後の2007年6月27日に2代目へとフルモデルチェンジが行われました。

この2代目モデルでも初代と同じくファミリーカーらしく優しい顔のデザインが採用されました。

現行の3代目モデルは2014年1月20日に発売で、2代目の発売日からは6年7ヶ月でのフルモデルチェンジになりました。

ハイブリッドが追加されたのも3代目からで7人乗りのFFモデルではJC08モードの燃費が23.8km/lとミニバンとしてはかなり低燃費で経済的。

2017年に約約3年半振りに始めて外観デザインに手が加えられマイナーチェンジが行われました。

トヨタから新型ヴォクシー(VOXY)が誕生する。

▼トヨタ新型ヴォクシーの変更点

  • トヨタ・ニューグローバルアーキテクチャー(TNGA)に対応した、最新パワートレインを搭載
  • TNGAプラットフォームを採用することで、室内空間を拡大しながら、運動性能を向上
  • 安全システムに第2世代トヨタセーフティセンスを搭載し、コネクティビティに対応した安全機能を提供
  • スポーツブランド「GR」モデルをラインナップ

【外装(エクステリア)デザインは?】

トヨタ新型ヴォクシーの外装は、現行モデルで迫力をアップしたデザインの人気が高かったことから、より力強いスタイルとされます。

全幅を拡大し3ナンバーボディとし、専用デザインを採用したことで評判になったエアロ仕様も引き続きラインナップされます。

引用:https://toyota.jp/voxy/

【ボディサイズは?

トヨタ新型ヴォクシーのボディサイズは、現行モデルと同じくベースモデルで5ナンバーサイズとされ、エアロ仕様として全幅を拡大した3ナンバーボディが用意されます。

全高は最新プラットフォームの採用によりダウンすることも可能となりますが、ミニバンらしいスタイルを維持し、室内空間が最大限拡大されます。

▼参考:トヨタ・ヴォクシーのボディサイズ(現行モデル)

●全長×全幅×全高
標準仕様:4695×1695×1825mm(4WDは全高1865mm)
エアロ仕様(ヴォクシーZS):4710×1735×1825mm
●車重
●ハイブリッド車
・標準仕様(FF):1610kg
・エアロ仕様(FF):1620kg
●ガソリン車
・標準仕様:FF 1570kg、4WD 1650kg
・エアロ仕様:FF 1600kg、4WD 1680kg

【内装(インテリア)デザインは?】

デザインラインをよりシャープなものとすることで先進性が表現されるほか、インフォテインメントシステムはインターネットやスマートフォンとの連携を強化することで最新機能に対応。

室内空間はプラットフォームを変更することで、より高さのある空間が確保されます。

▼参考:トヨタ・ヴォクシーの室内サイズ(現行モデル)

●室内長×室内幅×室内高:2930×1540×1400mm
乗員:7人乗り or 8人乗り

引用:https://toyota.jp/voxy/

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】フルモデルチェンジ予想

【パワートレインとスペックは?】

トヨタ新型ヴォクシーのパワートレインには、「TNGA」パワートレインとして開発された最新の2Lガソリンとハイブリッドが搭載されます。

2Lエンジンは、トヨタ・カムリに搭載された2.5Lの「Dynamic Force Engine」のダウンサイズ版となり、高速燃焼技術、可変制御システムの採用のほか、排気・冷却・機械作動時などの様々なエネルギーロスを少なくして熱効率を向上させるとともに高出力を実現。

世界トップレベルとなる熱効率41%を達成し、従来型エンジンに比べて、低回転から高回転まで全域でトルクアップをしています。

組み合わせられるハイブリッドシステムも新開発となり、現行モデルのプリウスに採用された小型・軽量・低損失化技術を継承し、高い燃費性能はキープしたまま、より走行性能を向上。

加速時にはエンジンの回転数を下げると同時に電池からの電力を高め、リニアで伸びのある加速感が実現されています。

トランスミッションも新開発の「Direct Shift-CVT」を採用し、従来のベルトとプーリーによる駆動に、発進用のギヤを追加することでダイレクトな発進・加速フィーリングを実現。

CVT本来のスムーズな走りはそのままに燃費性能を向上し、走行シーンに応じた気持ちの良い走りに仕上げられます。

このトランスミッションは車重が重いミニバンで特に大きな効果を発揮し、発進加速時の効率がアップすることで市街地での燃費が大幅に改善します。

【燃費は?】

トヨタ新型ヴォクシーの燃費は、エンジン、ハイブリッドシステム、トランスミッションと、すべてを新世代とするパワートレインにより大幅に改善することになります。

2.0Lトヨタハイブリッドシステムの燃費については公表されていませんが、従来のシステムより25%のエネルギー損失の低減、10%の軽量化、バッテリーの小型化に成功しており燃費の向上は間違いありません。

エネルギー損失が25%低減されたというのは燃費にはかなり良い影響を与えると考えられており、単純に25%良くなったとするとヴォクシーの場合は23.8km/L  から29.8km/L  という数値になります!

引用:https://toyota.jp/voxy/

約30km/L  になるわけですがトヨタのコンパクトSUV「C-HR」が既に30.2km/L  という数値ですし、次期ヴォクシーでは30.0km/L  というのも決してあり得ない数値ではありません。

【安全装備は?】

新型ヴォクシーの安全装備には、単眼カメラとミリ波レーダーの性能を向上させることで第2世代に進化した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が装備されます。

現行モデルでは、前世代のコンパクトカー用パッケージであるトヨタセーフティセンスCが搭載されています。

第2世代のトヨタセーフティセンスは、昼間の自転車や夜間の歩行も検知可能となった「プリクラッシュセーフティ」や、前方にいる車両との車間距離を一定に保つ「レーダークルーズコントロール」の作動時に、車線維持に必要なステアリング操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」が搭載されています。

また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった交通標識をメーター内のディスプレイに表示する「RSA(ロードサインアシスト)」機能も追加。

さらに、後退時に左右後方から接近してくる車両を検知すると、ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーにより警告する「リヤクロストラフィックアラート(RCTA)」や、ドアミラーで確認しにくい側後方エリアや後方から急接近してくる車両を検知してドアミラーLEDインジケーターで注意喚起を行なう「ブラインドスポットモニター(BSM)」を採用。

予防安全装備を充実させ、安全運転支援が強化されます。

引用:https://toyota.jp/voxy/

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】フルモデルチェンジ時期

トヨタ新型ヴォクシーのフルモデルチェンジ発売日は、2020年が予定されています。

他メーカーではミニバンをグローバルで人気が高まっている多人数乗りSUVに切り替える動きがありますが、トヨタ・ヴォクシーは兄弟車のノア、エスクァイアとあわせ日本国内のトヨタ全ディーラーで販売される人気モデルになっていることから世代交代が行われます。

ヴォクシーのフルモデルチェンジ時期は2020年としているが、2019年にフルモデルチェンジする可能性もある。

と、言うのもヴォクシーのモデルチェンジの間隔が2代目、3代目とおおよそ6年だからだ。

2014年から6年後にフルモデルチェンジされるとしたら2020年の1月と言う事になる。

しかし、新型ヴォクシー(4代目)は6年待たず、2019年の夏前に発売される可能性もある。

引用:https://toyota.jp/voxy/

その理由はホンダのオデッセイやステップワゴンのフルモデルチェンジにある。

新型オデッセイは2018年に。

新型ステップワゴンは2019年に発売されるとの情報がある。

また、日産セレナも2016年にモデルチェンジを行ない現在売上が好調だ。

オデッセイ、ステップワゴン、セレナなどライバル車種のモデルチェンジを見越して開発が早まる可能性も充分あり得るのだ。

新型ヴォクシーの価格はフルモデルチェンジ後も大幅な上昇はない。

最新の安全装備を搭載し、省燃費性能も向上し、室内空間もより効率化され、車のスペックは大幅に上昇するが価格はうまく抑えられている。

価格に関してはフルモデルチェンジの発表前後に確定する事が多い。

 

<読まれている関連記事>

「トヨタ・ヴォクシーの記事30選」はコチラ

【広告】

函館の人へ!

函館に行く人へ!

若者が頑張っているので、

寄ってください。

函館市中島町26-16  ☎ 0138-83-7455

<<詳しくはこちら>>