<スポンサーリンク>
3日間限定<特別価格>販売!
「興味あり」の場合は、
いますぐクリックすることをオススメします。

5ナンバーサイズでありながら、高さがあってスクエアなボディ形状のため、大きく見えるヴォクシー。

ヴォクシーはミニバンなのでどちらかというとファミリー向けの車です。

3列シートがあり、最高で8人まで乗ることが可能です。

特にコンパクトカーからヴォクシーに乗り換える人は、運転しやすいか不安な部分もあるのではないでしょうか?

引用:https://toyota.jp/voxy/

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】外寸・横幅・長さ・車高

ヴォクシーのボディサイズ(カッコ内はZS)

  • 全長 4,695㎜ (4710)
  • 全幅 1,695㎜ (1730)
  • 全高 1,825㎜ (1825)

ヴォクシーZSやZS煌シリーズは、エアロが装着されている分、5ナンバー枠よりも大きくなりますが、基本のボディ形状は5ナンバーサイズとなっています。

ヴォクシーはスクエアなボディ形状なので、車両感覚が掴みやすいです。

ドア形状がSUVのようにラウンドしている訳でもなく、上から下にストンと落ちているので、運転席から見たままの横幅で感覚をつかめるでしょう。

全幅は1,695mmなのである程度狭い路地にも入れますし、タイヤが15インチとミニバンにしては小さめなので小回りも効きます。

フロントの見切りは良いヴォクシー

ヴォクシーはボンネットの先端付近まで運転席から見えるので、前方の車両感覚が掴みやすくなっています。

さらにボンネット左端が盛り上がっているデザインなので、それを目印にすれば左前方の車両感覚がつかみやすいでしょう。

引用:https://toyota.jp/voxy/

狭い道でのすれ違いもOK

ヴォクシーは車両感覚がつかみやすいので、狭い道でのすれ違いも不安なく行えます。

確かに狭い道でのすれ違いは、神経を使いますが、前方の見切りの良さに加えて左前のボンネットの膨らみ、ドアミラーまでの距離、などを確認しながら運転すれば、それほど難しくありません。

どうしても不安な時は、出来るだけ左側に寄って止まった状態で、対向車をやり過ごしましょう。

狭い道の中でもなるべく幅が広い箇所で左に寄せれば、対向車もすれ違いやすくなります。

ヴォクシーの車庫入れは?

ヴォクシーは外から見るとボディが長く見えて、一見車庫入れが難しいのでは?と思いますが、実はセダン形状の車よりも車庫入れはし易いと思います。

セダン形状だと、目視してもリアバンパーまでの距離が見えないので分かり難いですが、ミニバンのヴォクシーなら、リアガラスの位置がほぼ最後部の位置なので、リアバンパーの膨らみを頭に入れておけば、後方の車両感覚が掴みやすくなっています。

さらに今時はナビを付ければ、バックカメラも付けるのがほとんどなので、ナビのバックカメラを併用すれば、後方の確認は問題無いでしょう。

ルームミラーや左右のドアミラーも鏡面積が広くて見やすく、車体のサイド部分の確認もバッチリです。

ヴォクシーの左後方の視界は、2列目のガラス面積が大きいので、目視しやすくなっています。

後部座席に人が乗っていなければ、画像のように視界が開けて、安全確認に問題はありません。

ヴォクシーは基本5ナンバーサイズなので、日本の道路に合った寸法と言えます。

狭い道でのすれ違いや車庫入れ等、女性でも問題なく出来ると思いますよ!

 

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】機械式駐車場

ヴォクシーの5ナンバーサイズの車両の全長は4,695mmで、全高は1,825mm[1,865mm]、全幅は1,695mmとなっています。

また3ナンバーサイズの車両については全長が4,710mm、全高が1,825mm[1,870mm]、全幅が1,730mmとなっています。

インテリジェントパーキングアシスト(広角カラーバックガイドモニター+イージーセット機能付)を搭載車両は、駐車する際、駐車位置を確認でき、安全に車を移動させることができます。さらに、自動アシスト付きなので、自身で操作しなくても自動で駐車を行う機能も付いております。

駐車が苦手な方や初心者の方が安全に駐車することができる機能なので安心して乗ることができます。

引用:https://toyota.jp/voxy/

立体式駐車場では、ハイルーフと案内されていれば大丈夫ですが、係員に確認の必要があります。

マンション等の機械式駐車場は予め確認しておくことが大事です。特にエアロパーツ取り付け車はドアの開閉が出来なくなる恐れがあります。

また立体駐車場などでは高さ制限のあるところがあります。その際は、高さを確認の上、駐車することが求められます。

5ナンバーサイズ専用の駐車場もありますが、ヴォクシーの全高では入らない場合がありますので、十分注意してください。

コインパーキングのロック板付きの駐車場は問題なく停められます。

最低地上高は155~160mmですので、極端にローダウンさせた車両や大きなエアロを組んである車両でない限り、ロック板付きのコインパーキングでは、バンパー等をすることなく停められます。

 

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】外装, 外装パーツ

デュアルパワースライドドア

新型ヴォクシーで最も人気がたかく、特におすすめなのが両側が電動で開く、「デュアルパワースライドドア」です。

こちらは、購入者の73%もの人が装備を希望するほどの高い人気を誇っているオプションです。

小さなお子さんや赤ちゃん、また、お年寄りがいる家庭では乗り降りにとても便利なため、特に重宝されています。

その他にも、基本は左側だけのパワースライドドアのため、ヴォクシーを仕事で多用する場合など、右側から荷物を載せることが多いことから、右側も電動が必須と考えている人も多く、両側が電動のパワースライドドアは人気となっているのです。

引用:https://toyota.jp/voxy/

スペアタイヤ

デュアルパワースライドドアに次いで人気があるのが、意外なことに「スペアタイヤ」なのです。

購入者の41%もの人が装備を希望しているという実態があり純正のタイヤのスペアを用意すべきと考えている人々が多いことが判明しています。

寒冷地仕様のオートエアコン

リアがクーラーのみからオートエアコンに変わる「寒冷地仕様のオートエアコン」も人気があり、こちらもおすすめです。

このメーカーオプションは、後部座席にもヒーター付きのオートエアコンが付きます。

そして、ドアミラーにヒーターが付くことで、ミラーが曇ってしまった時や、雨や雪が付着した時など、ヒーターが水滴を蒸発するので、天候が悪くても、ストレス無く、周りが見やすくなるため、運転しやすくなります。

上で紹介した3つのオプションはメーカーオプションとなっており、購入した後から追加して付けるという事ができないので、契約前に付けるかどうかを決めておく必要があります。

サンバイザー

これは、雨の日でも窓を開けて換気したり、暑い日などでは、少しだけ窓を開けるなどできるため、人気がある?というより決まって付けるものとなるでしょう。

サンバイザーは後から付けることも可能ですが、純正品の方が高品質であることが多いことや、買い直すことを考えると最初から付けておいた方が良いといえるのではないでしょうか。

バックガイドモニター

今では必須のオプションとなっていますよね。

引用:https://toyota.jp/voxy/

バックする時に、きちんと後ろが見えるので、小さな子供や小動物などとの接触が避けられることから、なるべくなら付けておくほうが良いでしょう。

コーナーセンサー

コスりキズや、左折の巻き込み防止などを考えると必要といえる装備です。

安全対策にもなりますね。

 

<読まれている関連記事>

「トヨタ・ヴォクシーの記事30選」はコチラ

ヴォクシーが値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザとは?

「ヴォクシー欲しいけど予算不足だ…」

「値引き交渉したいけど営業マンと話すのは苦手で…」

「ディーラー何件も回るの面倒だから1件で決めたい…」

「ヴォクシーを最安値で手に入れたい…」

「車種を比較したいけど時間ないな…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ヴォクシーの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
ヴォクシーに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、

買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。