【広告】

函館の人へ!

函館に行く人へ!

若者が頑張っているので、

寄ってください。

函館市中島町26-16  ☎ 0138-83-7455

<<詳しくはこちら>>

 

オイル交換はどうされていますか?

オイルの種類はご存じですか?

ディーラー任せで気にしない方も多いと思います。

ミニバンの中でも人気の高いトヨタのヴォクシーですが、例外なくエンジンオイルは交換する必要があります。

ここではヴォクシーの必要なオイル量や気になる交換値段や交換時期そしてオイル粘度の情報などについてご紹介します。

ヴォクシーの新車時に注入されているのは0W-20のオイルで、これは燃費重視のかなりサラサラしたオイルです。

通常の街乗りやそれほど大人数を乗せて動かないのであれば、オイル交換時には0W-20の適切なグレードのオイルか、純正オイルを入れておけばよいでしょう。

引用:https://toyota.jp/voxy/

 

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】エンジン不調、オイル交換

車を運転中「前より加速が鈍くなったな」とか「前より燃費落ちたな」など、パワーに関する不調を感じることもあるでしょう。

トヨタ ヴォクシーの直噴エンジン(D-4)搭載車において、エンジンのアイドリング不調(不安定・エンストなど)が気になる方に、手っ取り早い治し方。

エンジンを洗浄して、原因となる汚れを取り除くことで、アイドリング不調が良くなることが多いです!
(洗浄効果の高い強力洗浄系ガソリン添加剤がおすすめです)

アイドリング不調のよくある症状

  • アイドリング時の回転数が上下して安定しない。
  • アイドリングが不安定で、ときどきエンストする。
  • アイドリング時にエンジンから異音がする。エンジン音が不規則。
  • Dレンジ(ドライブ)で停止していると、プルプルと車体が前後に揺れる。

一般的にヴォクシーのアイドリングは700rpm位の一定回転数で安定するのが正常な状態です。

しかし、エンジンに問題が発生すると、アイドリング時の回転数は安定せず、短い周期で上下したり、突然に回転数が下がったりするなどの症状が発生することがあります。

このアイドリング不調の状態が悪化すると、アイドリング中に突然エンストしたり、Dレンジ(ドライブ)に入れて停止していると車体が前後に揺れたりすることもあります。

アイドリング不調の代表的な原因

  • 直噴エンジンに多いトラブル(内部の汚れ)
  • 基本的なメンテナンス不足
  • エンジン内部の汚れ
  • 関連部品の故障

様々なことがアイドリング不調の原因となりますが、直噴エンジンを搭載したヴォクシー(VOXY)の場合、エンジン内部の汚れの堆積が原因であることが多いです。

長期間&長走行距離の使用により、エンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が正常な燃焼を妨げる原因となり、アイドリング回転数を不安定にするなどのトラブルを引き起こします。

その他の原因としては、整備不良、エンジン内部の汚れ、関連部品の故障があります。

原因は1つとは限らず複数の原因によりアイドリング不調を起こすこともあります。

原因別の対処法

  • 直噴エンジンに多いエンジン内部の汚れの堆積 (直噴モデル)の場合
     専門の強力な洗浄系添加剤を使って汚れを除去するか、オーバーホールになります。
  • 基本的なメンテナンス不足の場合
     消耗部品や定期交換部品の交換・清掃など、定期点検メンテナンスを実施したほうがいいです。
  • エンジン内部の汚れの場合
     洗浄系ガソリン添加剤などで洗浄するか、汚れの程度によってオーバーホールが必要になります。
  • 関連部品の故障の場合
      故障部品の調査および交換、整備工場やディーラーで修理になります。

エンジンの調子をベストに保つには?

オイル交換は、5,000kmごとの交換がお勧め、または半年に一度が交換の目安

あまり乗ってなくてもオイルが酸化 (空気と触れて変質すること)するため。

引用:https://search.yahoo.co.jp/image/

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】オイル量、オイル粘度

トヨタの設計思想として、色々な環境や使い方に適応できる総合的に性能・耐久性が高いエンジンを開発して、それを広い車種で採用するという面が現れており、ヴォクシーもトヨタ車らしく、広い適合性を持ったエンジンを搭載していると言えます。

ヴォクシーのオイル量は 3.9L フィルター交換時は 4.2L必要です。

オイル交換には、0W-20、5W-20、5W-30、10W-30の4種類の粘度のオイルが推奨されているようです。

粘度は、エンジンオイルの硬さのことを示します。

オイルの粘度は「10W-30」「0W-20」などと表されます。

読み方は、まず前半の数字が小さいほど低温で固まりにくい特性があります。

0Wなら零下35℃、5Wは零下30℃、10Wは零下25℃に対応しています。

WはWinter(冬)の略で、10Wよりも5Wのほうがエンジン始動時における負荷が小さく、燃費も良くなります。

後半の数字は、高温時の粘度を表していて数字が高いほどオイルが固くなります」。

引用:https://www.jms-car.com/

ヴォクシーの新車時に注入されているのは0W-20のオイルで、これは燃費重視のかなりサラサラしたオイルです。

通常の街乗りやそれほど大人数を乗せて動かないのであれば、オイル交換時もこれを踏襲して0W-20の適切なグレードのオイルか、純正オイルを入れておけばよいでしょう。

大人数を乗せて動くことが多い、高速走行をよくする、静粛性が重要といった要求が強くなるほど、5W-20→5W-30→10W-30と粘度を増したオイルに交換するという方針が良いでしょう。

寒冷地であれば5Wか0Wをチョイスするなどの調整をしてやれば良いでしょう。

なお、ヴォクシーのオイル交換に必要なオイル量は3.9(4.2 エレメント交換時)Lとなっています。

オイル交換のみであれば4L缶一つで足りる計算ですが、エレメントも一緒に交換するときは注意が必要です。

クルマの使い方に応じてエンジンオイルを選ぶことも大切です。

高出力のスポーツカーやターボエンジン搭載車は5W-40などのオイルを、小排気量のクルマや日常走行が中心であれば、0W-20、5W-20といったオイルを使用すると燃費数値は良くなる傾向にあります。

【口コミによると】

初オイル交換をしようと思っているのですが、オイルの粘土について迷っています。
取説には0w-20が推薦と書いていますが、以前乗っていた車(初代ウィッシュ)でいつも見てもらっている整備工場では常時5w-30があるということで、この粘土のオイルを入れてもらっていました。

  • 厳密に言えば色々ありますが実使用では0w-20と5w-30で大差ないです
  • 指定より高い粘度のものを入れても特に不具合はありませんが、燃費が多少悪化します。
  • オイルは半年もすると、劣化してくるので、桜が散る頃と、紅葉シーズンに、交換してます。前者が、5w-30、後者が、0w-20。距離や乗り方に左右されますが、年間2万km以内であれば、これで十分だと。
  • 走行が少ない(60000km以下)なら0W-20で、走行が多い(60000km超過)なら、5W-30をおススメします。走行が多くなると、エンジン内の金属摩耗が進み、隙間が生まれやすくなるため、粘度の高いオイルで保護すると、エンジンノイズ、ショックが少なるなるのを期待できるからです。
スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】オイル交換費用

エンジンオイル交換にかかる費用(オイル代・工賃)は、地域やお店、選んだオイルの性能によって変わります。
車の総排気量に応じて必要な量は増えるので、値段が倍近くになる場合もあります。
お店ごとの一般的な価格帯は以下のとおりです。

  • ディーラー:3,000円~10,000円
  • ガソリンスタンド:2,000円~4,000円
  • カー用品店:2,000円~7,000円

※上記金額はあくまでも目安となります。詳しい金額については各店にお問合せください。

ディーラーのエンジンオイル交換は予約が必要

ディーラーにオイル交換を依頼する場合、事前に予約を入れる必要があります。
また、ディーラーは選べるオイルの種類が比較的少なく、ベースオイルの種類やオイルの粘度にこだわってオイルを選びたい場合、カー用品店がおすすめです。

「エンジンオイルボトルキープ会員」を行っているお店もあります。
①ボトルキープ会員として、エンジンオイルの交換工賃が無料。
②トヨタ車以外の国産乗用車・軽自動車など、ご家族の別のおクルマでも交換OK!
③余ったオイルは次回のボトルキープ購入時に持ち越せるのでムダがありません。

ガソリンスタンドは身近で安く済む

ガソリンスタンドなら給油のついでにオイル交換ができます
交換工賃を数百円に設定しているガソリンスタンドもありますが、オイル代は使用するオイルの量に応じて別途かかるので、事前にトータルでかかる費用を確認しましょう。

また、ガソリンスタンドは、ディーラーと同様選べるオイルの種類が限られています。
車のコンディションを維持するために、車に最適のオイルかどうかを確認する事が大切です。

カー用品店はエンジンオイルの種類が多く値段も抑えめ

カー用品店はオイルの種類が多いのもメリットです。
リーズナブルな物から高級なものまで幅広く対応しており、お客様の乗り方にあったオイルをお選びいただけます。
また、エンジンオイルの特徴はそれぞれ異なるので、毎回別のエンジンオイルを試して違いを確かめるのもよいでしょう。

値段に関しても、オイルによってはガソリンスタンドと同じくらいの価格帯にすることが可能です。
スタッフは作業を熟知しているので、トラブルが起きる心配もありません。
ディーラーよりも安い値段で、安心のサービスを受けられます。

 

【口コミによると】

  • VOXYを新車で購入されたのでしたらディーラーで交換された方が良いと自分は思います。
  • ポイントカード等の特典が他よりあるので、トータルではメリット多いかもしれませんよ。
  • ディーラーやスタンド・整備工場等で「レディースデー」とかやってますよね。そういう日を利用すれば多少安く交換できますよ。
  • エレメントを交換すると3、5~4L入ると思います。交換する場所によりますがスタンドだと7,000~10,000円位。
  • オートバックスやイエローハットとだと、店頭に色々ある中から自分でオイルとフィルターを選んで交換工賃500~1500円くらいでしょうか。
    一番安い鉱物油を選べば(1000~1980円くらい)、フィルターも交換して2000円~3000円くらいで済むと思います。
  • 安心度で言えばディーラー、整備工場、量販店=スタンドだと思いますが、オイル交換くらいならどこでやってもあまり変わらないかと。
  • スタンドだとほとんどはそのスタンドのメーカーのオイルしかないので割高です。
  • オイルって消耗品なので、高い物を好んで入れる人もいますが安いものでもコマメに変えてあげるほうがエンジンにはいいです。
  • ディーラーは、オイル交換であっても最後には無料で洗車してくれる!

意外なことに費用・待ち時間は他と大差なく、…いや、むしろ予約するから早くてノンストレス、きちんと車に合ったオイルを使ってくれて、何より技術的に安心してお願いできるディーラーが最強!と、言う意見が多いです。

引用:https://toyota.jp/voxy/

 

<読まれている関連記事>

「トヨタ・ヴォクシーの記事30選」はコチラ

【広告】

函館の人へ!

函館に行く人へ!

若者が頑張っているので、

寄ってください。

函館市中島町26-16  ☎ 0138-83-7455

<<詳しくはこちら>>