【広告】

函館の人へ!

函館に行く人へ!

若者が頑張っているので、

寄ってください。

函館市中島町26-16  ☎ 0138-83-7455

<<詳しくはこちら>>

 

優れたユーティリティ、リーズナブルな価格などを武器にベストセラーを続けるミディアム・ミニバン、「トヨタ・ヴォクシー」。

後部座席(2列目シート)、3列目シート、ラゲッジスペースを中心に見ていきたいと思います!

室内の仕様は、2列目キャプテンシートの7人乗りと2列目ベンチシートの8人乗りが用意されています。

引用:https://toyota.jp/voxy/

 

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】後部座席

後部座席(二列目)の居住性は最高!ロングスライドシート搭載。

引用:https://toyota.jp/voxy/

ヴォクシーの後部座席(2列目)ですが、乗降性は相変わらず完璧といってもいいでしょう!

  • 開口幅 805mm
  • ステップ高 360mm

このサイズは後部座席への乗り降りを余裕を持って行うことができます。

さらに2列目のシートはロングスライドで810mmとゆったり空間を創出。

引用:https://toyota.jp/voxy/

1400mmもある室内高は子供が普通に立てちゃいます。

引用:https://toyota.jp/voxy/

これだけ広さを確保してくれて、厚みのある二列目シートなら乗り心地もある程度のレベルを確保してくれることは間違いなし。安心です。

そしてこの空間は最高に便利なウォークスルーで子供の行き来も楽々。

ファミリー層のすべての希望を叶える多彩なシートアレンジ

●7人乗りのシートアレンジ

2列目のシートは横移動も出来ちゃいます!レバー1つでシートを横へ後ろへ簡単移動です。

引用:https://toyota.jp/voxy/

引用:https://toyota.jp/voxy/

●8人乗りのシートアレンジ

8人乗りのセカンドシートはお決まりのチップアップシート。

思いっきり前方にチップアップすれば580mmのロングスライドが可能です。

引用:https://toyota.jp/voxy/

リヤをフルフラットにした感じは8人乗りのほうが居心地が良さそう。

3列目シートへの移動は超楽々!

ヴォクシーでは3列目シートへの乗降性、移動も楽々な構造になっています。

引用:https://toyota.jp/voxy/

3列目シートの乗り心地は、しっかりと作られていて、なかなか座面の高さと長さもゆったりとできています。

車が動いているときの弾みは2列目に比べると感じるでしょう。

外から見るとわかりますが、3列目のちょうど下に後輪がありますのでダイレクトに弾みを感じてしまう部分はあり得ます。

 

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】荷室容量

5ナンバーボディのヴォクシーのラゲッジフロア高は、500mm(FF車)。

低床なので、重い荷物も楽に載せられそうです。

ラゲッジルームの高さは1,250mmあるので、背の高い荷物も問題なく積み込めます。

3列目シートの格納方法は跳ね上げ式です。

引用:https://toyota.jp/voxy/

荷物をたくさん積むために通常は格納して置く場合が多いなんて人もいると思います。

跳ね上げ式だと横幅が狭くなるなどの否定的な意見もありますが、ヴォクシーの3列目シートは跳ね上げて格納すると綺麗に収まるように設計されているので、横幅も最大限の広さを確保してくれています。

ラゲッジスペースはどのミニバンよりも無駄のないスペースを確保

引用:https://toyota.jp/voxy/

跳ね上げ式の3列目シートなのに横幅が1100mm確保されてるのは凄い!

  • 高さ 1240mm
  • 3列目格納時の奥行 1500mm
  • 8人乗り2列目まで格納時の奥行 1790mm

実際ラゲッジスペースの広さは素晴らしく、これだけ広く使うことが出来ます。

● 使える床下収納

引用:https://toyota.jp/voxy/

デッキボードは裏側にヒモ付のフックを設定し、開けたままの状態にしておくことができ、収納スペースに収まりきらない高さのある荷物を載せるときに便利です。

● 荷室容量

  • 3列目までフルで乗車した場合、シートバック上端までで281L。
  • 3列目シートの収納時、シートバック上端までの荷室容量は7人乗り仕様で852L(8人乗り仕様は847L)。
  • 2列目シートを前にスライドさせ、サードシートを跳ね上げたビックラゲッジモードでは、フロントシートのみ使用時のシートバック上端までが7人乗り仕様で1,545L(8人乗り仕様は1,597L)となっています。

 

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】車中泊

シートの展開を工夫すれば大人も横になれそうなスペース確保できます。

車中泊は可能でしょうか?必要はアイテムは?また、どんな事に注意すればいいでしょうか?

● ソファーモードでくつろげる

引用:https://toyota.jp/voxy/

1列目シートのヘッドレストを外してシートを後ろに倒すと、2列目シートの座面部分につながります。さらに2列目シートを後ろに倒すことで、シートをソファーのようなスタイルに展開でき、ゆったりとくつろぐことができます。仮眠程度ならソファモードも快適そうです。

● フルフラットシートで横になれる

引用:https://toyota.jp/voxy/

2列目シートのヘッドレストを外して後ろに倒すことで、3列目シートの座面部分とつながります。

さらに3列目シートも最大限に倒すと、フルフラットな状態なり、本格的に車中泊ができそうです。

7人乗り、8人乗り、どちらも同じ展開ができますが、8人乗りでは2列目シートもベンチタイプとなるため、よりフラットな状態にすることができます。

● 快適に過ごすために必要なオプションは?

室内カーテン(遮光機能付き)58,300円(税込)

室内カーテンなら、ヴォクシーのサイズにぴったりなため、車内の灯り漏れも最小限で済み、プライバシーもしっかり守れます。

遮光率1級の遮光カーテンです。広げても折りたたんでも美しいドレープをキープでき、高級感が際立ちます。

引用:https://toyota.jp/voxy/

ジョイントクッション:29,700円(税込)

フルフラットモードでより快適に車中泊をするには、凹凸を感じにくくすしたいところです。
そんなときはジョイントクッションが便利です。

低反発シートが凹凸を分散し、フラットな状態にしてくれるため、快適に休むことができそうです。

引用:https://toyota.jp/voxy/

● その他に必要なアイテムは?

  • エアーマット
  • 寝袋+毛布
  • 自立型LEDランタン

車中泊での注意事項は?

● トイレを確保する

車中泊で重要なのががトイレです。周りにトイレが無い場所に車を停めていては、トイレに行きたくなる度に車を移動しなくてはいけません。

公衆トイレには水道もあるため、洗面もでき、何かと便利なため、トイレの近くに車を停めることをオススメします。

● できるだけ明るい場所に停める

暗い公園や路上などでは犯罪やトラブルに巻き込まれることもあります。

車内を遮光カーテーンなどで遮るようにして、車を停める場所はできるだけ街灯の近くなどの明るい場所を選びましょう。

● エンジンは切って、窓は少し開けておく

エアコンや車内の電気を使うのに、少しエンジンをかける程度なら問題ありませんが、一晩中かけっぱなしは止めましょう。

エンジン音が近隣に迷惑ですし、何かしらのアクシデント(積雪など)によりマフラーを覆われてしまえば、一酸化炭素中毒で死亡事故にも繋がるため危険です。

いくらヴォクシーが広いとはいえ、一晩中締め切ってしまえば酸欠になりかねません。

外から人の手が入らない程度(イタズラやトラブル防止のため)に窓を開けておきましょう。

網戸付サンシェード18,700円(税込)

引用:https://toyota.jp/voxy/

駐車時の日差しをやわらげ室内の不快な熱さを軽減。

また、蚊などの小虫の侵入を防ぎながら車外の風を室内に取り込める網戸付。

*車両走行時には装着しないでください。
*設定はウインドシールドガラス、運転席・助手席のフロントドアガラスの3ヶ所。

網戸は運転席・助手席のフロントドアガラスの2ヶ所に設定。

● 駐車は平らな場所を選ぶ

車内での睡眠はかなり疲れます。

些細な傾斜でも寝袋に入ると無意識に身体中に力が入り、翌日起きた時には体はガチガチです。

● 一番良い場所はサービスエリア

以上の条件があらかた揃っているのは、サービスエリアになります。

サービスエリアなら、一晩ヴォクシーを停めておいても怒られませんし、トイレも近く、照明もあります。

何かあったらすぐに駆け込める安心感もあります。

<まとめ>

ヴォクシーでの車中泊は、オプションなどを工夫することで快適に過ごすことができそうです。

安全面も考慮して停める場所を選ぶ必要があります。

高速道路などのサービスエリアは、アウトドアの視点からすると味気なく感じますが安全性が高いため、初めての車中泊などにはオススメのスポットといえます。

 

<読まれている関連記事>

「トヨタ・ヴォクシーの記事30選」はコチラ

【広告】

函館の人へ!

函館に行く人へ!

若者が頑張っているので、

寄ってください。

函館市中島町26-16  ☎ 0138-83-7455

<<詳しくはこちら>>