【広告】

函館の人へ!

函館に行く人へ!

若者が頑張っているので、

寄ってください。

函館市中島町26-16  ☎ 0138-83-7455

<<詳しくはこちら>>

 

トヨタのミニバンで人気なのがヴォクシーノア

共にファミリー層に人気の車種で、見た目は同じ感じです。

どちらを選んだら良いのか悩んでしまいます。

実際にどちらがお得で乗り心地が良いのか? 比較してみました。

引用:https://toyota.jp/

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】VS【トヨタノア】 価格

ヴォクシーとノアは兄弟車として2014年に販売されました。兄弟車ということは、似ているということです。

違いはたったこれだけです。

  • 見た目のデザイン
  • 販売店
    ヴォクシーはネッツ店
    ノアはカローラ店

2017年7月にマイナーチェンジを実施してエクステリアをそれぞれの個性をより際立たせたものへと変更しています。

特にフロントフェイスでの変更点が大きく、Bi-Beam LEDヘッドランプと面発光のLEDクリアランスランプの採用や、フロントグリルのコンビネーションランプの新しいデザイインへの変更などにより、ヴォクシーはスポーティさを、ノアは精悍さを、より高めたスタイルへと変化しています。

引用:https://toyota.jp/

グレードの名前が異なるだけで価格は同じです。

  • 7人乗り・8人乗り
  • 2WD・
  • ノーマルエンジン・ハイブリッド

ヴォクシー・ノアどのグレードも、8人乗り→7人乗りになると約3万円値段が上がります。

2列目のシートの幅や前後にスライド出来るかどうかの関係でしょう。

おすすめのグレードは「X」

引用:https://toyota.jp/

7人乗りでも価格も250万以下に収められ、標準装備がされています。

ファミリー層には嬉しいコスパが良いグレードになっています。

もちろんエコカー減税対象で自動車所得税20%オフです。

重量税は25%オフ。所得税は地域にもよりますが約2万円の値引きになります。

また、ハイブリッド車も用意されています。

ハイブリッド車のメリット

減税100%となり、計13万~14万の税金値引きができます。(グレードや地域の自動車所得税によって値段が変わります)

燃費は16km→23.8kmと向上します。

3年後に行われる最初の車検時の税金も値引きされます。

ハイブリッド車のデメリット

初期費用として車の値段が約48万5千円高くなります。

走る距離が多く、元をとれるのであればハイブリッド車も検討してみてはいかがでしょうか。

引用:https://toyota.jp/voxy/

 

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】VS【トヨタノア】 大きさ

【ヴォクシー・コンセプト】

父になっても自分のスタイルを貫きたい。「カッコいい」を諦めない。

引用:https://toyota.jp/voxy/

これはシックでカッコいい印象。渋い大人の男って感じでしょうか。ノアと比較すると落ち着いたイメージかなと思います。

デザインはあまり大差ないような気がします。

個々の好みで選ぶと良いでしょう。

同じファミリー向けでもノアは女性目線、ヴォクシーは男性目線ということが分かります。

【ノア・コンセプト】

視線を奪うスタイルが、暮らしのスタイルも上質にする

引用:https://toyota.jp/noah/

車の顔とも言えるフロント部分が特徴的ですよね。

メタリックが全面に押し出されています。

洗練された都会的でスタイリッシュなイメージでしょうか。

ノアは以前は少し柔らかい印象でしたが、マイナーチェンジ後はキリっとした雰囲気になったような気がします。

インテリア

センターコンソールボックスや助手席シートバックテーブル、充電用USB端子など使い勝手の良い室内装備を充実させ、またスライドドアにシールを追加し遮音性を向上しています。

また、紫外線(UV)を約99%カットし、赤外線(IR)を効率よく遮断するウインドシールドガラスを全車に標準装備しています。

引用:https://toyota.jp/voxy/

パワースライドドアを閉める途中にフロントドアハンドルのセンサーに触れると施錠予約ができる機能(スマートロック操作)も装備。

引用:https://toyota.jp/voxy/

アクセルペダルを踏まずに定速走行できるクルーズコントロールも装備し、日常の利便性と快適性を向上させました。

引用:https://toyota.jp/voxy/

安全性

先行車に衝突しそうなときに自動でブレーキをかけてくれたり、走行中に車線を逸脱しそうなときは警報を出してくれたりハイビームとロービームを自動で切り替えてくれたりと安全装備がいたれりつくせりです。

引用:https://toyota.jp/voxy/

衝突の回避や被害の軽減をサポートしたり、ドライバーのミスや疲れをカバーしてくれて、事故を未然に防ぐシステムです。

予防安全として全グレードにToyota Safety Senseが搭載されています。

自動(被害軽減)ブレーキ(対歩行者)やペダル踏み間違い時加速抑制装置などの安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含むすべてのドライバーの安全をサポートしする機能です。

進路上の先行車や歩行者(昼間)をレーザーレーダーと単眼カメラで検出し、警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合は強力なブレーキアシストが作動します。ブレーキを踏めなかった場合は自動(被害軽減)ブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。

乗りやすさ

2017年マイナーチェンジで改善されたようですが、段差のある場所では車が大きく揺れる、エンジンの音が響く、といった不満の声もまだあるようです。

しかし、ボディ剛性の見直しやショックアブソーバーの改良により静粛性や乗り心地を向上させるなどの軽量を加えています。

シートの乗りやすさで言うと、おすすめは8人乗りより広々とした7人乗りです。

引用:https://toyota.jp/voxy/

特に子供がいる場合はシートをスライドさせて3列目に座っている子供を座りながら見ることができます。

3列目はレバーひとつで簡単に収納ができるので荷物の多い時もらくです。

また、ボタンで開閉できるので抱っこをしながらでもドアが簡単に開け閉めできます。

引用:https://toyota.jp/voxy/

 

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】VS【トヨタノア】 燃費

燃費はホームページ上では16kmと記載されていますが、実際はどうなのでしょうか?

実際に乗っている人たちの口コミを見てみました。

  • ヴォクシー 約10~11km
  • ノア 約10~12km

ネット上の利用者の声をまとめてみると、若干ですがヴォクシーの方が燃費が悪いという声が多かったです。

燃費は乗る人数、荷物の多さ、スピードの強弱によって変わってくるといいます。

引用:https://toyota.jp/voxy/

【トヨタ・ヴォクシー】VS【トヨタ・ノア】まとめ

ヴォクシーはシックで大人の雰囲気。

ノアは明るくスタイリッシュ。

デザインの好みはあるものの、販売店が違うということは値引きを大きくできるチャンスです。

ヴォクシーはネッツ店

ノアはカローラ店です。

車は大きな買い物ですから、両方の販売店で見積もりをもらい、値引き交渉をして安く買いたいです。

引用:https://toyota.jp/

 

<読まれている関連記事>

「トヨタ・ヴォクシーの記事30選」はコチラ

【広告】

函館の人へ!

函館に行く人へ!

若者が頑張っているので、

寄ってください。

函館市中島町26-16  ☎ 0138-83-7455

<<詳しくはこちら>>