【広告】

函館の人へ!

函館に行く人へ!

若者が頑張っているので、

寄ってください。

函館市中島町26-16  ☎ 0138-83-7455

<<詳しくはこちら>>

 

ヴォクシーとセレナはMクラスミニバンで家族向けの車としてどちらも非常に人気の高い車種です。

いずれの車もご家族でのご利用や買い物などの日常利用にとても向いている車です。

また、シートアレンジをすることにより広々と空間を使えるので、家族旅行で利用する際には小さなお子様がいても安心して移動が出来ます。

どっちを選んだらいいのか悩んでいるという方に、最適なのはヴォクシーかセレナか、調べてみました。

引用:https://toyota.jp/voxy/ https://www3.nissan.co.jp/

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】VS【日産セレナ】 価格

ヴォクシー価格:2,813,800円~3,347,300円(税込)

セレナ価格:2,57,620円~4,192,100円(税込)

ヴォクシーのグレードと価格

売れ筋のグレードは?

グレードで1番人気は、煌(きらめき)です。

  • ハイブリッド車ZS 煌(きらめき)Ⅱ 3,443,000円(税込)
  • ガソリン車ZS 煌(きらめき)Ⅱ 2,909,500円~(税込)

引用:https://toyota.jp/voxy/

 

2番人気は、ZSです。

  • ハイブリッドZS 3,347,3000円(税込)
  • ガソリン車ZS GRスポーツ 3,306,600円(税込)

セレナのグレードと価格

グレードで1番人気は、Xです。

  • X 2,576,200円
  • X Vセレクション 2,736,800円
  • e-POWER XV 3,226,300円

引用:https://www3.nissan.co.jp/

2番人気は、ハイウェイスターです。

  • ハイウェイスター 2,758,800円~
  • e-POWER ハイウェイスター 3,293,400円~

日産 セレナといえば、ミニバン販売台数で常に上位にランクインする人気車種です。

新型セレナは低床化を見送ったので、基本的な機能ではヴォクシーに見劣りしますが、歩行者を検知する緊急自動ブレーキ、プロパイロット、ハッチゲートで優位性があります。

これらの装備に対するニーズで、セレナの選択が決まる感じがあります。

 

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】VS【日産セレナ】 大きさ

ヴォクシーハイブリッドとセレナe-POWERは、どちらも5ナンバーサイズミニバンということで、ボディサイズはかなり似通った数値となっている。

引用:https://toyota.jp/voxy/ https://www3.nissan.co.jp/

ヴォクシーが

  • 全長4710mm
  • 全幅1735mm
  • 全高1825mm

セレナが

  • 全長4685mm(ハイウェイスター4770mm)
  • 全幅1695mm(ハイウェイスター1740mm)
  • 全高1865mm

ヴォクシーとセレナのボディサイズはほぼ同サイズです。

最小回転半径は、標準ボディについては両車とも5.5mです。

両車ともサイズだけでなく、直立したウインドーの角度や短いボンネットなども必然的に似てしまうようです。

フロントマスクでは、ヴォクシーはインパクトのあるフェイスに心を打たれた人が多い印象です。

乗っている年齢層としては、やはり若い年代が多いですね。

引用:https://toyota.jp/voxy/

 

セレナが方向指示器とヘッドランプの間にボディ同色の細長いパネルを装着した。そのために見栄えがヴォクシーに近づいた感がします。

またセレナは太いU字型のメッキグリルを装着して、ヴォクシーに比べるとスッキリした印象です。

2019年8月に新型セレナのフロントマスクが、より力強くスポーティーにマイナーチェンジされました。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

 

 

内装の質感/操作性比較

インパネのデザインはヴォクシーが立体的だが、新型セレナも流行を取り入れ、エスクァイアなどと同じくステッチが入ったように見せています。

ATレバーは両車ともインパネの下側に装着され、セレナは直線的に動かすタイプです。

ヴォクシーはジグザグのゲートを備えています。

引用:https://toyota.jp/voxy/

好みが分かれるのはハンドルの形状で、新型セレナは「D型」と呼ばれるデザインになっています。

ハンドルが円形ではなく、直進状態にすると下側が直線状になります。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

運転のしやすさに関してはどちらもファミリーカーという観点で作られており大きな差異はないが、セレナの方がフロントの三角窓が大きく、サードシートを格納したときもリアサイドガラスがほとんど隠れないという点ではややセレナの方に分があるように思われます。

プラットフォーム&乗降性比較

ヴォクシやセレナのような全高が1700mmを超えるミニバンは、すべてフラットフロア構造を採用しています。

この構造により、3列目シートも床と座面の間隔が十分に確保され(フラットフロア構造でないと燃料タンクの張り出しで床と座面が近づいて膝が持ち上がる)、車内の移動もしやすくなっています。

そこでヴォクシーは、現行型にフルモデルチェンジを行う時点でプラットフォームを大幅に変更して、床を約85mm低く抑えています。

以前はサイドステップ(小さな階段)を介して乗り降りしたが、今は足が床に直接届きます。

一方、新型セレナはホイールベースを含めてプラットフォームを変更していないです。

床は下がらず、現行型と同様のサイドステップが備わる。従って床の位置はヴォクシーよりも70mmほど高くなっています

となれば乗降性は明らかにヴォクシーが勝ります。またセレナは高重心になるから、走行性能や乗り心地などを抜本的に改善するのは難しいと思われます。

前後席の居住性

ヴォクシーの乗車定員はガソリンモデルで7~8名、ハイブリッド車で7名です。

引用:https://toyota.jp/voxy/

セレナではガソリンモデルで8名、e-POWERが7名になっています。

2列目シートは、現行セレナは座り心地が少し平板に感じるが、新型は改善して柔軟性とサポート性が増しています。

そのためにヴォクシーと比べても不利ではないが、2列目の形状は、新型セレナも現行型と同じくベンチタイプになっています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

3列目シートは、現行セレナはヴォクシーに比べて窮屈な感じです。

ヴォクシーが現行型になって足元空間と、床と座面の間隔を拡大させたので、セレナは差を付けられてしまったようです。

そこで新型セレナは上級グレードに480mmの前後スライド機能を採用しています。

後端まで寄せると足元空間を現行型以上に拡大できます。

また床と座面の間隔を30mm広げて座面の柔軟性も増すから、3列目の居住性はかなり向上しています。

座面の奥行寸法はヴォクシーよりも15mmほど長いです。

従ってシート自体の座り心地は新型セレナが快適だが、3列目に座る乗員の足が2列目の下に収まりにくい欠点はそのまま残っています。

ヴォクシーは2列目の下に十分な空間を確保して、3列目に座る乗員の足が収まりやすいです。だからリラックス感覚はヴォクシーが少し勝るかもしれません。

引用:https://toyota.jp/voxy/

荷室とシートアレンジ比較

新型セレナの荷室容量とシートアレンジは、基本的に現行型と同じです。

3列目は左右に跳ね上がり、広い荷室に変更できます。

2列目の中央を1列目の間までスライドさせると、収納設備として使えます。

その一方で、前述のように3列目の前後スライド機能を加えたから、乗員の体格や荷物の量に応じて調節しやすそうです。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

また新型セレナは、上級グレードの2列目に900mmのロングスライド機能を採用しています。

2列目の中央を1列目の間にスライドさせ、2列目の左右席を内側に寄せることで、後方まで大きくスライドできるようにしています。

2列目の足元空間が広がり、スライドドアから車内の中央に荷物を積むことも可能です。

新型セレナの荷室で注目されるのは、リアゲートの上半分だけが開くハッチゲートです。

https://www3.nissan.co.jp/

背の高いミニバンはリアゲートも長いので、開閉時に手前に大きく張り出します。

上半分だけを開閉できれば、狭い場所でも手荷物を出し入れがしやすいです。

これはヴォクシーに対抗する機能でしょう。

ヴォクシーも2列目がセパレートタイプの7人乗りでは、左右席を内側に寄せて、足元空間を広げる810mmのスライド機能を装着するからです。

なお、ヴォクシーでは3列目がレバー操作のみで跳ね上がって使い勝手が良いように思われます。

引用:https://toyota.jp/voxy/

安全装備比較

ヴォクシーに搭載される先進安全装備は予防安全として全グレードにToyota Safety Senseが搭載されています。

引用:https://toyota.jp/voxy/

衝突の回避や被害の軽減をサポートしたり、ドライバーのミスや疲れをカバーしてくれて、事故を未然に防ぐシステムです。

自動(被害軽減)ブレーキ(対歩行者)やペダル踏み間違い時加速抑制装置などの安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含むすべてのドライバーの安全をサポートしする機能です。

【安全性能】

  • 誤って踏み間違えても、ブレーキで衝突被害軽減をサポート。
  • 車両や歩行者を検知し、ぶつからないをサポート。
  • 車庫入れの操作を簡単に。
  • その他 予防安全機能があります。

引用:https://toyota.jp/voxy/

セレナの標準装備される先進安全装備は「360°セーフティアシスト(全方位運転支援システム)全車標準」です。


引用:https://www3.nissan.co.jp/

  • インテリジェントエマージェンシーブレーキ
  • アダプティブLEDヘッドライトシステム (グレード別設定)
  • ハイビームアシスト (グレード別設定)
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)
  • インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)+LDW(車線逸脱警報)
  • インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)+BSW(後側方車両検知警報)
  • 標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)
  • RCTA(後退時車両検知警報)
  • プロパイロット(グレード別設定)
  • インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)(メーカーオプション)
  • インテリジェント パーキングアシスト(駐車支援システム) (メーカーオプション)
  • インテリジェント ルームミラー (グレード別設定)

単眼カメラを使い、車両だけでなく歩行者も検知できる。

緊急自動ブレーキによる衝突回避の支援機能は、新型セレナが勝ると判断できます。

この安全装備を応用したのが、進化した運転支援機能のプロパイロットです。

車間距離を自動制御できるクルーズコントロールの機能を備え、停車時まで含めて先行車に追従走行します。

さらにハンドル操作の支援機能もあり、高速道路などでは、車線を読み取って操舵力を与えるからドライバーの負担を軽減できます。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

 

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】VS【日産セレナ】 燃費

ヴォクシーに搭載されるエンジンは2.0L直列4気筒ガソリンエンジンと1.8L直列4気筒ガソリンエンジン+モーターのハイブリッドの2種類です。

セレナでは2.0L直列4気筒ガソリンエンジン、2.0L直列4気筒ガソリンエンジン+モーターのスマートシンプルハイブリッド、e-POWERの3種類です。

<ヴォクシー 2.0Lガソリンエンジン>

  • JC08モード燃費 :14.8~16.0km/L

<ヴォクシー 1.8Lハイブリッド>

  • JC08モード燃費 :23.8km/L
  • 実燃費 :16.5km/L

 

<セレナ 2.0L直列ガソリンエンジン>

  • JC08モード燃費 :16.6km/L~17.2km/L

<セレナ スマートシンプルハイブリッド>

  • JC08モード燃費 :16.6~17.2km/L
  • 実燃費 :10.9km/L

<セレナ e-POWER>

  • JC08モード燃費 :23.4~26.2km/L
  • 実燃費 :16.6km/L

 

ガソリンモデル(2WD)の燃費を比較すると、セレナがヴォクシーをわずかに上回っています

しかし、ヴォクシーのハイブリッドモデルセレナのe-POWERと比較すると、e-POWERの方が低燃費となっています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

【トヨタ・ヴォクシー】VS【日産セレナ】 まとめ

ヴォクシーとセレナの違いを見ると、価格や燃費ではそこまで大きく差がないということが分かります。

ただハイブリッド車となると、ヴォクシーでは通常のグレードにハイブリッドをプラスしているところ、セレナではe-POWERを選択できますが、それぞれ価格は高くなります。

車両価格の他に、メーカーオプションや気に入ったオプションにも価格が上乗せされてきます。

商談で、値引きやオプション無料等のサービスを引き出すには「日産セレナと迷っている!」とアピールすると効果が期待できそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<読まれている関連記事>

「トヨタ・ヴォクシーの記事30選」はコチラ

【広告】

函館の人へ!

函館に行く人へ!

若者が頑張っているので、

寄ってください。

函館市中島町26-16  ☎ 0138-83-7455

<<詳しくはこちら>>