【広告】

函館の人へ!

函館に行く人へ!

若者が頑張っているので、

寄ってください。

函館市中島町26-16  ☎ 0138-83-7455

<<詳しくはこちら>>

 

ヴォクシー“煌”は強い個性を得たフロントマスクが印象的なエアロボディで更にヴォクシーの中で際立っています。

ヴォクシーは基本的に5ナンバーのミニバンですが、エアロパーツを装備するZS系のみ3ナンバーとなります。

クラス最大級の室内空間も魅力で、後部座席では子供の着替えや、ペットと一緒にお出かけする時など色々なシーンで活躍が期待できます。

スペック、乗り心地、加速性能を調べました。

引用:https://toyota.jp/voxy/

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー  “ 煌 ” 】スペック

前輪駆動車が3グレード、4輪駆動車が2グレードの合計5グレードとなっています。

全グレードとも3列シート車で、乗車人数はガソリン車が7名または8名、ハイブリッド車は7名です。

7名乗車モデルのセカンドシートはキャプテンシート2座、8名乗車モデルでは3人掛けシートが装備されます。

引用:https://toyota.jp/voxy/

価格 / 燃費

Z S “ 煌 ”  2,909,500円~ / 14.8~16.0km/L

ハイブリッド Z S “ 煌 ”  3,443,000円~ / 23.8km/L

車両寸法・車両重量・乗車定員

Z S “ 煌 ”

ガソリン車、ハイブリッド車共、ボディーサイズは同じです。

エンジンのスペック

搭載エンジンは、2.0Lガソリンと1.8Lハイブリッドが設定されます。

それぞれのスペックは以下のようになります。

ハイブリッド車は、加速時にモーターのアシストにより、力強い走りを実現しています。

多人数乗車が多い場合は、ハイブリッド車を検討してみましょう。

 

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー  “ 煌 ” 】乗り心地

街乗りでの乗り心地

まずフラットな路面は非常にスムーズで乗り心地が良いです。

加速やブレーキからの減速じでも、車体が必要以上に前後に沈み込まないので、フラットで快適な乗り心地を実現しています。

ただ、ちょっとした段差を乗り越える時は、ゴツゴツ感は否めません。

段差を乗り越え始める、初期のショックを吸収しきれず、ゴツゴツした乗り心地に感じます。

引用:https://toyota.jp/voxy/

高速道路での乗り心地

時速90キロ~100キロでは、まずまず快適な乗り心地です。

高速道路の路面の継ぎ目を超えた時も、初期のショックはそれほど強くなく、快適にいなしてくれます。

路面の継ぎ目のような単発のギャップの乗り越えは良いですが、うねっているような路面では、不規則に車体が揺られ、若干その揺れが残る印象です。

しかし90~100キロの速度域では、まずまず快適に移動できるでしょう。

時速100キロ以上になってくると、街乗りでも感じた上下に動くピッチングが顔を出してきます。

110キロで走っていて、路面の継ぎ目を超えた時に、揺れが一瞬で収まらずに上下にヒョコヒョコとピッチングが残るイメージです。

速度が上がれば上がるほど、上下の揺れの収まりに時間がかかり、ピッチングが続いてしまいます。

ただ、ピッチングが出る場面だと、リアタイヤの上に乗っているヴォクシーの3列目の乗り心地は、正直かなり悪いと思います。

引用:https://toyota.jp

運転席・助手席の座り心地

座っても大きすぎず、小さすぎずでサイズはちょうど良いです。

ヘッドレストの高さは座面から81㎝~86㎝まで調整可能なので、ベストのポジションを見つけることが出来るでしょう。

肝心の座り心地は、シート生地の質なのかもしれませんが、表面はやや固めです。

座ってしまえば座面のクッションは十分効いていて、お尻の座り心地は悪くありません。

ただ、背もたれのクッションは固めで好き嫌いが出そうです。

引用:https://toyota.jp/voxy/

2列目シートの座り心地

ミニバンの特等席は、やはり二列目。しっかりとした空間を確保し、広々感もばっちりです。

セカンドシートは、座面のクッションも十分にあって、長距離走行時の疲労感は標準的で、基本的な性能は申し分ありません。

8人乗りのベンチシートの場合ですが、中央席の背もたれが異常に固いです。

収納を兼ねているので仕方ないですが、クッションがほとんど効いておらず、しかも背中に盛り上がりを感じるので、固いもので押されている感覚があります。

中央席での長距離ドライブはかなり厳しいですね。非常用と割りきった方がいいでしょう。

引用:https://toyota.jp/voxy/

3列目シートの座り心地

ヴォクシーのサードシートは背もたれの角度調整は可能ですが、前後にスライドさせることは出来ません。

座り心地は見た目の想像通りで、腰が立って座り心地は今ひとつです。クッションも薄く座面も小さいので、長時間の乗車は厳しいでしょう。

引用:https://toyota.jp/voxy/

安全装備

ヴォクシーには、現在、注目の安全装備である緊急自動ブレーキが装備(一部グレードはオプション)されています。

「トヨタセーフティセンスC」です。

ただ、現在最新鋭の緊急自動ブレーキではカメラの映像も使用し、対歩行者においても緊急でブレーキングしてくれる性能を持つ車種が増えてきました。

それに比べると、セーフティセンスCは簡易型で、トヨタではさらに上級モデルには、「トヨタセーフティセンスP」を用意しています。

引用:https://toyota.jp/voxy/

 

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー  “ 煌 ” 】加速性能

ハイブリッド仕様もガソリンも、エンジン自体はスペック上、十分な性能を有しています。

低回転域を使用し、アクセル一定で走る分には問題ないのですが、多人数乗車の場合にはつい、アクセルを踏み込みがちになってしまうことも。

市街地がメインのユーザーには、燃費も含めてハイブリッドの恩恵がより感じられる仕上がりになっています。

一方、高速道路がメインのユーザーにとっては、あまりハイブリッドのメリットは感じられないかもしれません。

いずれにしても、従来のミニバンの走りを想像していると、よい意味で期待を裏切られることになるでしょう。

ミニバン=遅い、というのはすでに過去のイメージになってしまったようです。

乗用車やステーションワゴンから乗り換えてもパワー不足を感じることはなく、ヴォクシーがこれだけ人気があるのも納得できますね。

引用:https://toyota.jp/voxy/

口コミでは、

  • 載せている人数や荷物にもよりますが、普通に走るぶんには全く問題ないエンジン性能です。
  • エコモードで走るとどうにもモッサリしていると評価している人はいましたが、それが嫌なら解除するとよい。
  • また、高速道路での追い越しでは、物足りなさを感じる。
  • 高速道路の上り坂では、より顕著に差が出ます。その辺は割りきって乗るしかないと思いました。
  • それ以外の郊外や街中ではエンジンのパワーは十分だと言っている人が大半でした。
  • その証拠に7割の人はエンジンが良いと回答しています。
  • また、エンジンは静かで快適に運転もできるようです。

 

【トヨタ・ヴォクシー  “ 煌 ” 】ボディーカラー

<ZS “ 煌 ” >タイプのボディーカラーは全5色

ホワイトパールクリスタルシャイン※ ブラック
ブラキッシュアゲハガラスフレーク※ イナズマパーキングブラックガラスフレーク※
ボルドーマイカメタリック

全ての車はセルフリストアリングコートを採用しています。
洗車後でも車自身が輝きを取り戻すように分子レベルで結びつきやすい特性を兼ね備えたもので、常に新車時の光沢とカラーを長期に渡り保ち続けるコーティングです。(※メーカーオプション税込¥33,000)

引用:https://toyota.jp/voxy/

 

【トヨタ・ヴォクシー  “ 煌 ” 】改造パーツ

ヴォクシーを個性的なクルマにしたい。

エアロパーツやLEDテールなどのドレスアップパーツでヴォクシーをカスタマイズ!

トヨタ車向けのカスタマイズカーパーツが「モデリスタ」と「TRD」の2社から販売されています。

引用:http://www.trdparts.jp/voxy/

 

引用:https://toyota.jp/voxy/

<読まれている関連記事>

「トヨタ・ヴォクシーの記事30選」はコチラ

 

【広告】

函館の人へ!

函館に行く人へ!

若者が頑張っているので、

寄ってください。

函館市中島町26-16  ☎ 0138-83-7455

<<詳しくはこちら>>