【広告】

函館の人へ!

函館に行く人へ!

若者が頑張っているので、

寄ってください。

函館市中島町26-16  ☎ 0138-83-7455

<<詳しくはこちら>>

 

ヴォクシーとステップワゴンはMクラスミニバンで家族向けの車としてどちらも非常に人気の高い車種です。

いずれの車もご家族でのご利用や買い物などの日常利用にとても向いている車です。

また、シートアレンジをすることにより広々と空間を使えるので、家族旅行で利用する際には小さなお子様がいても安心して移動が出来ます

どっちを選んだらいいのか悩んでいるという方に、最適なのはヴォクシーかステップワゴンか、調べてみました。

引用:https://toyota.jp/voxy/ https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

 

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】VS【ホンダ・ステップワゴン】 価格

ヴォクシー価格:2,556,400円~3,443,000円(税込)

ステップワゴン価格:2,501,400円~4,070,000円(税込)

ヴォクシーとステップワゴンの価格帯を比較すると、ガソリン車では同じくらいですが、ハイブリッド車ではステップワゴンの方が若干高めになります。

ステップワゴンのハイブリッド車が、上級モデルのスパーダにしか設定されていないことと、両車のハイブリッドエンジンの動力性能に差があることが関係している。

ヴォクシーのグレードと価格

売れ筋のグレードは?

グレードで1番人気は、煌(きらめき)です。

  • ハイブリッド車ZS 煌(きらめき)Ⅱ 3,443,000円
  • ガソリン車ZS 煌(きらめき)Ⅱ 2,909,500円~

引用:https://toyota.jp/voxy/

2番人気は、ZSです。

  • ハイブリッドZS 3,347,300円
  • ガソリン車ZS GRスポーツ 3,306,600円
ステップワゴンのグレードと価格

グレードで1番人気は、スパーダ ハイブリッドです。

  • ハイブリッド車 3,361,600円

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

2番人気は、Bタイプ ガソリン車です。

  • ガソリン車 2,501,400円

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

グレードによってどちらかの方が若干高いという違いがありますが、価格帯としてはヴォクシーとステップワゴンのガソリン車は、だいたい同じくらいと言えます。

ヴォクシーのハイブリッドは最安値が281万円~なのに対し、ステップワゴンは55万円も高い336万円~になります。

ステップワゴンにはスパーダという少し高め設定のクラスがあり、ハイブリッド車はスパーダでしか販売されていません。

スパーダの最安価格が291万円であるため、ハイブリッドタイプの分を上乗せすると価格は45万円になります。

ヴォクシーでは54万円の上乗せになるため、上乗せ分だけを見ると、ヴォクシーの方が高くなります。

また、ハイブリッド車を選択することで、ガソリン車ではオプション扱いだった装備が標準装備になることもあり、グレードが上がるとハイブリッドとの差額は縮まっていきます。

 

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】VS【ホンダ・ステップワゴン】 大きさ

引用:https://toyota.jp/voxy/ https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ボディサイズは両車ほぼ同じ大きさ。

ステップワゴンスパーダはエアロパーツを装着しながらも全幅は5ナンバーサイズに収まるが、全長が4700mmを超えたため3ナンバー車になった。

ヴォクシーが

  • 全長4695mm
  • 全幅1695mm
  • 全高1825mm

ステップワゴンが

  • 全長4735mm
  • 全幅1695mm
  • 全高1840mm

最小回転半径はステップワゴンスパーダが5.4m、ヴォクシーは5.5mだ。

ヴォクシーは、ハコ感のあるボディに、シャープな印象の2段積みヘッドライトを持ちます。

引用:https://toyota.jp/voxy/

「クール」と「迫力」を両立したデザインの外装は、「個性」を求める若者に人気です。

ボディカラーは全7色が設定されます。

ステップワゴンは、ホンダ車の共通デザインである「ソリッドウイングフェイス」を採用したフロントマスクを持ち、ホンダらしい躍動感と未来感を表現した箱型のボディが特徴です。

ボディカラーはステップワゴンが全7色、スパーダが全8色の設定です。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

内装の質感/操作性比較

トヨタ ヴォクシーのメーターはアナログタイプでハンドルの奥側に装着されて馴染みやすい。

引用:https://toyota.jp/voxy/

内装の質感の違いは僅差だが、ヴォクシーの方が上質に感じる。

ステップワゴンは、メーターの手前にある収納ボックスの開閉感覚などに洗練させる余地を残しています。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

プラットフォーム&乗降性比較

ステップワゴンスパーダやヴォクシーのようなフラットフロア構造のミニバンは、床が高くなりやすい。

燃料タンクをカバーできる位置まで床を持ち上げることでフラットに仕上げているからです。

平らな床面形状を採用しながら、この2車種は床を低く抑えたのが特徴。

スライドドア部分の床面地上高は400mmを下まわり、ライバル車のセレナに比べると約70mm低いです。

乗降用のステップもなく、路面から足が直接床に届きます。

引用:https://toyota.jp/voxy/

加えてステップワゴンは、スライドドアの下側で足を出し入れすると電動スライドドアが自動開閉するハンズフリースライドドアをディーラーオプションで用意しているが、乗降性は同等。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

前後席の居住性

1列目・2列目シートの居住性は、両車ともに互角だ。

駆動用電池を1列目の下に搭載するので、2列目に座った乗員の足が1列目の下側に収まりにくい。

引用:https://toyota.jp/voxy/

そして身長170cmの大人6名が乗車した場合、2列目と3列目シートに座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ分で等しい。両車とも空間効率を最大限度まで追求して、居住空間の広さも同程度になった。
ただし3列目シートの座り心地は異なる。

ステップワゴンは2017年7月のマイナーチェンジで、3列目の骨格が腰に当たる違和感を解消したが、それでも座面のボリューム感が足りない。

座面の奥行寸法もヴォクシーに比べて20mm短く、ゆったりした印象が乏しい。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ヴォクシーの3列目も2列目ほど快適ではないが、ステップワゴンには勝る。

シートベルトの違いにも注意したい。

ヴォクシーの場合、2列目がセパレートタイプだとシートベルトは背もたれから引き出すタイプだ。
ピラーから引き出すステップワゴンに比べて、ベルトが体に常にフィットする。

ミニバンの2列目は前後のスライド幅が大きく、特にヴォクシーは810mmのロングスライドを可能にしたから、背もたれから引き出す方式を採用した。

この形式は衝突時に膨大な荷重がシートの脚部に加わるため、スライドレールを含めて強度の確保に苦労するが、ヴォクシーはそれを可能にしている。

荷室とシートアレンジ比較

ヴォクシーは左右に跳ね上げるタイプだが、レバー操作だけで自動的に畳まれる。

引用:https://toyota.jp/voxy/

ステップワゴンスパーダは3列目シートを床下に格納するから、スッキリした広い荷室に変更できる。

ステップワゴンスパーダの荷室は、床面地上高が445mmと低く、ヴォクシーの500mmを少し下まわる。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

リヤゲートには横開き式のサブドアを組み込み、狭い場所でも開閉できて、3列目の左側を格納しておけば乗員の乗り降りも可能だ。

荷室の機能はステップワゴンスパーダの方が優れている。

安全装備比較

ヴォクシーが装着する安全装備はセーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)、セーフティ・サポートカー(サポカー)

自動(被害軽減)ブレーキ(対歩行者)やペダル踏み間違い時加速抑制装置などの安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含むすべてのドライバーの安全をサポートしする機能です。

進路上の先行車や歩行者(昼間)をレーザーレーダーと単眼カメラで検出し、警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合は強力なブレーキアシストが作動します。ブレーキを踏めなかった場合は自動(被害軽減)ブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。

引用:https://toyota.jp/voxy/

ステップワゴンスパーダはホンダセンシングを標準装着しています。

ミリ波レーダーと単眼カメラを使い、歩行者も検知して緊急自動ブレーキを作動させ路肩を歩く歩行者と衝突する危険を検知した時は、ハンドルを制御して回避操作を支援する機能も持たせています。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

また、道路標識を認識して、ディスプレイに表示することも可能です。

運転支援では、車間距離を自動制御するクルーズコントロールが備わり、作動中はドライバーのペダル操作が軽減されるようになっています。

そして、車線の中央を走れるように操舵支援を行う機能も備えています。

やはり後発とだけあってステップワゴンスパーダのほうが、安全装備や快適装備については充実しています。

 

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】VS【ホンダ・ステップワゴン】 燃費

ヴォクシーに搭載されるエンジンは2.0L直列4気筒ガソリンエンジンと1.8L直列4気筒ガソリンエンジン+モーターのハイブリッドの2種類です。

新型ステップワゴンのパワートレインには、1.5Lの直列4気筒ターボエンジンと、2.0Lの直列4気筒「スポーツハイブリッド i-MMD」の2種類が用意されており、駆動方式はFFおよび4WD(ガソリン車のみ)の設定です。

ハイブリッドはステップワゴン スパーダのみに設定されます。

ヴォクシー 2.0Lガソリンエンジン

JC08モード燃費 km/L:14.8~16.0

ヴォクシー 1.8Lハイブリッド

JC08モード燃費 km/L:23.8

実燃費 km/L:16.5

引用:https://toyota.jp/voxy/

ステップワゴン 1.5L直列ガソリンエンジン

JC08モード燃費 km/L:17.0

ステップワゴン 2.0Lハイブリッド

JC08モード燃費 km/L:25

ガソリンモデル(2WD)の燃費を比較すると、ステップワゴンがヴォクシーをわずかに上回っています。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

 

【トヨタ・ヴォクシー】VS【ホンダ・ステップワゴン】 まとめ

ヴォクシーとステップワゴンの違いを見ると、価格や燃費ではそこまで大きく差がないということが分かります。

ただハイブリッド車となると、ヴォクシーでは通常のグレードにハイブリッドをプラスしているところ、ステップワゴンではスパーダを選択し、さらにハイブリッドを選択となり、普通にハイブリッド車を選択するより高くなります。

商談でライバル車として競合するにはステップワゴンと迷っているとアピールすると効果が期待できそうです。

 

<読まれている関連記事>

「トヨタ・ヴォクシーの記事30選」はコチラ

【広告】

函館の人へ!

函館に行く人へ!

若者が頑張っているので、

寄ってください。

函館市中島町26-16  ☎ 0138-83-7455

<<詳しくはこちら>>